<< 男性胸切られ死亡=車に助け要請、殺人で捜査−福島県警(時事通信) | main | 首相動静(1月30日)(時事通信) >>

スポンサーサイト

  • 2011.05.10 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


警官発砲、遺族の請求退ける=「市民にも危害の可能性」−奈良地裁(時事通信)

 奈良県大和郡山市で2003年9月、逃走車両に警察官が発砲し、助手席の男性=当時(28)=が死亡したのは警察側の対応に問題があったとして、男性の母親(72)が、県と警察官4人を相手に約1億1800万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で奈良地裁は27日、母親の訴えを棄却した。
 宮本初美裁判長は警察官の発砲について、「一般車両や警察車両に車を衝突させながら逃走しようとしており、警察官のみならず市民の生命、身体に危害を及ぼす危険性が顕著だった」と指摘。「(発砲は)やむを得なかった」とした。
 判決によると、男性は03年9月10日、車上荒らしなどの疑いで警察車両に追跡されていた車の助手席に乗車。同県大和郡山市の国道で警察官3人から8発の発砲を受け、うち2発が男性の首に命中し死亡した。車は別の男性(33)=窃盗罪など実刑確定=が運転していた。
 判決後、会見した母親は「納得いかない」と悔しさをあらわにした。弁護側は控訴する方針。
 藪内利一奈良県警監察課長の話 適法な職務執行との主張が認められたと受け止めている。 

【関連ニュース】
強殺未遂容疑で少年4人逮捕=逃走車両で男性引きずる
車上荒らしに引きずられ?重傷=駐車場から130メートル

昨年の小売業販売額、2年ぶり減=経産省(時事通信)
<大相撲初場所>暴力団組長、土俵下で観戦 排除対策の中(毎日新聞)
自民、外国人参政権など地方議会で反対指示へ(産経新聞)
鳥取不審死 上田容疑者、派手好きで子煩悩(毎日新聞)
東海道新幹線の停電、運転再開めどたたず(読売新聞)

スポンサーサイト

  • 2011.05.10 Tuesday
  • -
  • 05:10
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
リンク
無料ホームページ
クレジットカード現金化
ショッピング枠現金化
ショッピング枠現金化
クレジットカード現金化 還元率
クレジットカード現金化 比較
現金化
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM