スポンサーサイト

  • 2011.05.10 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


【世界陸上決勝】女子リレー日本新記録!

陸上女4×100メートル リレーの日本代表が、8月27日に韓国の大邱で開幕する世界選手権、そして来年に肉迫したロンドン オリンピックもうで希望クレジットカード現金化 店舗が沸く大きい一歩を記録した。

 5月8日に行われた「【セイコー孤塁なった焼くというくむだろう】川崎(川崎)」 (川崎市(川崎市)ト道路するのに(等等力)陸上競技長),1前週に浮上(負傷)に復帰した北風サオリ(沙織)(北海道ハイテク(high technology)AC),2前週がナンバー2のタカハシ(高橋)モエ(萌)木子(富士通),3前週にエース福島(福島)紙四土(千里)(北海道ハイテク(high technology)AC),4前週は20才の成長体のイチカワ(市川)一つ(華)ナムル(中京大)という布陣で臨んで、43秒39をマーク・ヘソ優勝. 44秒00の世界選手権参加標準記録だけか、2009年の日本記録43秒58を軽く更新するとみられた。

 北風が優先のスタートを切れば、タカハシ(高橋)が持って生まれた後半の身長を発揮して、福島(福島)でその他チームを大きくリード. イチカワ(市川)も初代表意緊張を押して抜いて、2位に差を満たさないようにする力走だった。

■アンダーハンドパス(underhand pass)を初めての疲労

 08年北京イスと(五輪)の前にスタートした女4×100メートル リレーの現強化体制は、1964年の東京大会以来になるオリンピック出張だけクレジットカード現金化 違法でなく、決勝進出をターゲットに設置する。 そのためへの第1関門として自覚することが、最近のオリンピックや世界選手権で決勝進出への最低ラインになっている43秒2から3.今回の記録は、その領域にほとんど達する高くついたことだった。

 09年に日本新記録をマークした時も1前週を走った北風の話が信頼できる。 「全部(共に) 『楽しく走ろう。 43秒3程度は行きます』と話していました」と、チームブラックok 融資が良い状態にあるのを見回すことができた。 さらに、いつも抑制したようにある三章カズノリ(一徳)女短距離部長も、きっぱりとある語調で「上程(想定)内の記録だった」と、水準の向上を実感しているのを後押ししていた。

 オリンピックを目標にすることに合って、代表チームはバトンパス(baton pass)でいくら(どのように)タイムを縮小させるのかクレジットカード現金化 詐欺をテーマでしている。 コンセプトは、数数姿勢を速かに終わらせるために、短時間でやりとりすることなど. これを達成するために、今回のシーズン本格的に導入したのがアンダーハンドパス(underhand pass)だった。

 アンダーハンドパス(underhand pass)は、日本陸上競技連盟のタカノ(高野)進強化委員長の主導の下、01年頃から男代表が採用して、北京イスと(五輪)の銅メダルに結びつけた日本伝統の秘密兵器だ。 一般的なオーバーハンド(Overhand)パスは、入手者が大きく腕を伸ばして、渡す人が上でバトン(baton)を渡す。 それに対して、アンダーハンドパス(underhand pass)は入手者がからだの近くで手の平を下降に整えるために、双方の通り(距離)を近づける必要があって、通り(距離)的には損害をこうむる。 その代わり、受ける姿勢に無理がなくて、いち早く加速姿勢に履行できるメリット現金化 仕組みがある。 女日本代表は目標達成のために、この手法を採用しなければならない時がきたと判断したのだ。

 初めての実戦になった今大会は、1-2銭(前)主幹で詰まる兆しが見られたり、2-3銭(前)主幹でも授受に困りきるなど、まだ改良の余地があった。 しかし、あくまでも初めての挑戦であり、ブラシ アップ(brushup)のため貴重な第一歩になったことはまちがいない。 そのような期待感が漂うアンダーハンドパス(underhand pass)の初めての疲労だった。

大阪港に体長70センチのワニガメ(産経新聞)

 14日午前8時半ごろ、大阪市港区海岸通の大阪港で、体長約70センチのワニガメが泳いでいるのを、船舶点検していた大阪府警水上署の男性署員が発見。網で捕獲した。

 ワニガメは米国原産。あごの力が強く、人に危害を加える恐れがある特定動物に指定されており、飼育には都道府県知事などの許可が必要という。

 生後8〜10年とみられ、水上署は拾得物として保管。ケージのすき間から竹の棒を差し入れると、かみついて折るほどといい、同署は「飼い主は、早く名乗り出てほしい」。

【関連記事・各地で「迷いワニガメ」発見】
公園に“捨てワニガメ” 4人がかりで捕獲
住宅街の路上にワニガメ 寒さのせいかあまり動かず
名古屋の川にワニガメ 6月に続き2匹目 
岐阜・可児市の川に「ガメラ」
名古屋で体重37キロのワニガメ捕獲

【訃報】池田駿介氏(俳優、本名・紀生)(産経新聞)
<鳩山前首相>特使で訪中 上海万博のジャパンデーに合わせ(毎日新聞)
荒井戦略相「辞任に値する」=事務所費問題報道で自民・石破氏(時事通信)
地位保全申請を却下 富士通元社長側抗告(産経新聞)
<口蹄疫>「宮崎牛どうなる」 感染地域3割超す(毎日新聞)

<お結び課>若い男女の婚活をお手伝い 佐賀県武雄市で(毎日新聞)

 ◇若い男女の婚活をお手伝いする「お結び課」が、佐賀県武雄市に9月に新設される。課長には人生経験豊かな人材を公募で選び、年間10組のカップル誕生を目指す。

 ◇課長と職員の2人体制。地域を回って結婚希望者の情報を集めたり、課内で相談に応じ、男女の仲を取り持つ。紹介相手は市内に限定せず、近隣市町の希望者も含める。

 ◇課長は非常勤特別職で、60歳以上から公募して8月に選考する。報酬は月約8万円。成婚1件につき3万円を加算し、成績アップを狙う。さて、おむすびはいくつできるか。【上入来尚】

世界初、電子で酸素と窒素を分離 京大など新技術、有害ガス浄化に(産経新聞)
鳩山政権「空白の8カ月」…深刻な機能不全の象徴(産経新聞)
医療事故で賠償できる医療費の設定を(医療介護CBニュース)
「人違い」主張の被告に実刑=「反省うかがえない」―東京地裁(時事通信)
参院選民主予定者「逆風は覚悟している」(読売新聞)

「閣僚としていかがなものか」=社民党首沖縄訪問に首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は25日朝、社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)が沖縄を訪問することについて、首相公邸前で記者団に「閣僚としてはいかがなものかと思うが、社民党の党首としてはやむを得ないと思う」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相、「県外」守れず陳謝〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
普天間「最低以下」の結果で問われる鳩山首相の進退

石原都知事「上海万博日本館の責任者は誰だ!? 堺屋太一か!?」(産経新聞)
前原国交相「ツートップの問題極めて大きい」 内閣の支持率低迷(産経新聞)
口蹄疫猛威 子牛高騰、感染に戦々恐々 「ひとごとでない」秋川牛(産経新聞)
文科相に意見交換提案=大相撲組員観戦で―国家公安委員長(時事通信)
延期の首相会見、午後7時の見通し…方針決定後(読売新聞)

私立から府立高へ転入制度、橋下知事「大賛成」(産経新聞)

 大阪府の橋下徹知事は25日、私立高校から府立高校への転入について「大賛成。認める方向でやっていきたい」と述べ、公私間の転校制度を検討する姿勢を明らかにした。中途年次でも公私間の学校選択を可能にすることで、学校間競争を促し教育の質を高める狙いがあるという。ただ、入試制度との兼ね合いなどの課題もあり、実現性は不透明だ。この日の府議会一般質問で答えた。

 府教委によると、府内の私立高校から府立の全日制高校への転入は、家族の転勤に伴う場合など一部を除き、原則認めていない。

 橋下知事は「転入を認めないのは、私学経営者を楽にする制度。(転入制度は)学校側が転出を阻止しようと努力し、(教育の)質を高める原動力になると思う」と述べた。

 ただ、橋下知事は「保護者負担に歴然たる格差がある」とも言及。学費が高い私立から、公立に生徒が流出する可能性が高いとして、転入制度実現の前に、公私間の保護者負担の格差を縮める施策を優先させる考えも示した。

【関連記事】
橋下知事、地域政党の定義「定まっていない」
「庁舎周囲で吸わせない」橋下知事が“禁煙エリア”
橋下知事「都構想への支持ではない…」 微妙な軌道修正の理由
橋下“大阪都”賛成市長1で反対3 対象11市の大半「具体像見えぬ」
パー券を府工事受注業者が斡旋 橋下知事「小学以来の友人」
虐待が子供に与える「傷」とは?

覚せい剤密輸で邦人拘束=中国青島―2.5キロ所持、厳罰の可能性再び(時事通信)
群馬・館林で33.4度=各地で真夏日―気象庁(時事通信)
東京・秋葉原の歩行者天国、7月中旬にも復活へ(読売新聞)
<ダイヤ鑑定かさ上げ>全宝協が業界団体を退会(毎日新聞)
生物多様性の日 富士山麓で外来種駆除(毎日新聞)

千葉市、6年間で不正経理総額4億6千万円(読売新聞)

 千葉市は12日、2003〜08年度の6年間での不正経理の総額が、約4億5500万円だったとする調査結果を公表した。

 私的流用は確認されなかったが、コーヒーメーカーの購入費など業務とは無関係の不適切な支出約3700万円については、退職者を含む管理職約2500人に返還を求める。

 同市は、03〜07年度の国庫補助事業を巡り、会計検査院から計1590万円の不正経理を指摘されたことを受け、09年8月から独自に全庁調査を行っていた。

 調査は、07年度分のみを抽出して経理実態を調べ、それをもとに6年間の不正総額を推計した。調査対象の業者も、一定の取引額がある7割の業者に絞った。

 07年度分の調査では、いずれも事務用品などの消耗品費で不正経理が判明し、合計額は4725万円に上った。業者に現金をプールする「預け」が166万円(38件)、請求書の名目と違う物品を納入させる「差し替え」が2522万円(1179件)など。

 市はこの結果をもとに、07年度全体の不正額を7066万円と算定し、6年間の不正総額を約4億5500万円と結論づけた。

<鵜飼>幽玄な古典漁法の妙技 岐阜・長良川で開幕(毎日新聞)
味の素、37億円申告漏れ(時事通信)
<天皇、皇后両陛下>冬季五輪入賞者招き茶会(毎日新聞)
JAYWALK・中村耕一被告に執行猶予付き判決(産経新聞)
揺さぶられ症候群で重傷、父親に有罪判決(読売新聞)

公明・山口代表、衆院選挙制度の改正を主張(読売新聞)

 公明党の山口代表は3日、都内で街頭演説し、衆院選の小選挙区比例代表並立制について「根本から議論し直すべき時に入った。民意を正しく反映できる制度をどう作るべきか、虚心坦懐に検討していくべきだ」と語り、改正する必要があるとの認識を示した。

 また、小沢民主党幹事長を「起訴相当」と議決した検察審査会のあり方を見直す動きが民主党内にあることについて、「都合の悪い結果が出たからとクレームをつけるような、立法府側からの圧力は慎むべきだ」と批判した。

コスプレ、手裏剣 忍者検定の実技に(産経新聞)
<上海万博>皆勤へ万全 「愛知」制覇の山田さん(毎日新聞)
<耳かき店2人殺害>被告の精神鑑定実施へ(毎日新聞)
水俣病患者「チッソ分社化」に不安(産経新聞)
<ゼブラーマン>全国一斉公開…ゼブラシティの逆襲(毎日新聞)

5月末までに「政府の考え方決定」普天間移設、官房長官が後退発言(産経新聞)

 平野博文官房長官は23日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題について「5月末に向け、政府としての考え方を決定する」と述べ、5月末までに米国と移設先の地元の了解を得て最終決着を目指すとしていた従来の政府の立場を後退させた。

 平野氏はすでに決着の定義について「(米側、地元双方と)この候補地でもっと具体的に詰めようという土俵ができること」と述べており、5月末決着が絶望的な中、さらにハードルを下げた形だ。

 一方、平野氏は沖縄県で25日に開催される県内移設反対の県民大会に仲井真弘多知事が出席することについて、「知事の判断であり、私がどうのこうのという立場にない。いろんな意見があることを承知しながら、政府として(移設先を)決定する」と述べるにとどめた。

【関連記事】
ヘリ部隊分散を念頭か 補佐官「首相は全面的に基地移転とは言ってない」
普天間で決断と実行を 首相に参院幹部
公明・山口代表、26日に沖縄県知事と会談へ
防衛相が普天間問題で「極めて大変」参院外交防衛委員会で
普天間問題、今週中に政府案決定 官房長官が意向
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

高速道の新上限料金制 与党委員長が法案反対 小沢氏プッシュ(産経新聞)
無人貨物船に試料回収機能=15年度実現へ、開発室設置−宇宙機構(時事通信)
<絵はがき>正岡子規の孫、子規の叔父・加藤拓川コレクションの一部公開計画 (毎日新聞)
<手鏡箱>龍馬の? 「KAIENTAI」彫られ 京都(毎日新聞)
<明石歩道橋事故>元副署長を20日に起訴(毎日新聞)

<富良野市長選>能登氏が再選 北海道(毎日新聞)

 富良野市長(北海道)能登芳昭氏(70)が再選。元市議の佐々木雅夫氏(63)を破る。投票率は73.89%。

 確定得票数は次の通り。

当8244 能登 芳昭=無現<2>

 6020 佐々木雅夫=無新

小沢氏裏献金疑惑 「ウソついてない」「1億円以上提供」(産経新聞)
 ブログ市長「勇気ない首長だらけ。変革ムリ」(産経新聞)
佐用町水害で不明男児捜索=下流域でランドセル発見−兵庫県警(時事通信)
産廃処理業者3社、処理法違反で許可取消し(産経新聞)
「ネットで教育問題語ろう」文科省が掲示板(産経新聞)

「不当に雇い止め」 埼玉の女性、カシオなどを提訴(産経新聞)

 上司のパワーハラスメントを告発した後に不当に雇い止めされたとして、埼玉県在住の女性(33)が7日、カシオ計算機(東京)や派遣先の系列会社を相手取り、社員としての地位確認や賃金などの支払いを求めて東京地裁に提訴した。

 訴状によると、女性は平成15年12月から系列会社に派遣され、電子辞書のテストなど正社員と同様の業務を担当。昨年4月に、上司が出演するコンサートの誘いを断って以降、洗い物やゴミ捨てなどの雑用を命じられるようになった。派遣元に苦情を申し立てたところ、同年9月に雇い止めとなった。

【関連記事】
警部自殺は「パワハラ原因」 遺族が元上司ら提訴
アカハラ“加害者”を支援 処分基準なく複雑化…再発防止へ
九州管区機動隊員が自殺未遂 上司が暴行、パワハラ?
「KY」恐れ言葉喪失 心地よい空間で安らぎたい
勤務医ら対象に電話相談 残業代不払い、パワハラ…相談29件

将棋 羽生先勝 名人戦第1局(毎日新聞)
幹事長に園田氏=参院選候補の擁立急ぐ−「たちあがれ日本」(時事通信)
両腕遺体は女性会社員=競艇場に流れ着く? −福岡県警(時事通信)
急拡大カーシェアリング 車両管理、安全、防犯に課題(J-CASTニュース)
名張毒ぶどう酒事件 「再審決定を」支援者が高検に要請(毎日新聞)

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
リンク
無料ホームページ
クレジットカード現金化
ショッピング枠現金化
ショッピング枠現金化
クレジットカード現金化 還元率
クレジットカード現金化 比較
現金化
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM